1880年創業

1880年の創業以来、Boadasの歴史はスペインの高級肉加工食品と結びついています。

その歴史は、ジローナの小さな工房で、オーナーのペドロ・ボアダス・ビラプラナ氏が妻や子供たちと一緒にハムを作り、熟成させていたことに始まります。

ハムとソーセージの名声により、一家は成長し、その分野の先駆者となります。20世紀初頭より、独自の屠殺場、獣医室、冷蔵室を所有していました。1908年までそれは珍しいことでした。

5世代後、ボアダス家は、父から子へと受け継がれた職人のレシピを継承しながら、伝統的なハモンセラーノと高貴な食材の生産を守り、卓越した風味、香り、食感を得るために、その起源に忠実であり続けています。

BOADAS1880ハムの一切れ一切れが、私たちの物語を物語っています。

施設

最高の品質、トレーサビリティー、食品の安全性を保証するために、生産プロセスに応じてセグメント化された3つの生産工場を有しています。

サラマンカ:生ハム(前足、後ろ足)の加工と熟成as

ジローナ:生ハム(前足、後ろ足)の骨抜きとスライスas

貴重な人材

Boadas 1880は、最も貴重な資産の一部である200人の人材で構成される家族経営の企業です。その使命と、弊社を定義する価値観である「品質」と「完全性」を重視しています。

社員の平均永年勤続年数が20年近くであることは、専門職としてのキャリア、経験、コミットメントの結びつきの強さを物語っています。

ソーシャルメディアフォロー:

Passeig de Sant Joan Bosco, 51. 17007 Girona

+(34) 972 207 212

info@boadas1880.com